第21回 鈴の木こどもクリニック-母と子どもの講演会のご報告

講演会の様子  講演会の様子  実習の様子

 2018年9月8日(土)、「第21回 鈴の木こどもクリニック-母と子どもの講演会」を荏原保健センター2階多目的室で開催しました。
 
 当クリニックは、子育て中のお母さまがお子さまをお連れになっても、楽しくご家族で勉強していただける、「母と子どもの講演会」を毎年、開催しています。

 今年も、お母さま、お父さまがお子さまのお世話をしながら、講演を聞いていただけるよう、マットに直接お子さまを寝かせながらお世話のできる、専用スペースも設けました。

薗部先生の講演 鬼塚先生の講演 講師の先生方

 講演会は、まず第1席として、当クリニックで、一般外来と心身症診療を担当されている、鬼塚礼子先生が登壇し、 「子どもの健やかな発達を促す子育てとは」について、お話しされました。
 
 鬼塚先生は、聖母病院小児科医長などを歴任されたベテランの小児科専門医で、現在も国立国際医療研究センターで、心身症の専門外来も担当されているほか、他区の乳児健診にも長く従事されており、いろいろな親子に係わってきたご経験から、子育てについて講演いただきました。

 講演後、父親の子育ての悩みとか、お母さまの心配事とか、活発な質疑応答が行われました。

 その後、鈴の木こどもクリニックスタッフによる、「手のひらを太陽に」の歌と手話が披露されました。

 続いて、第2席には、VPDの会名誉理事長の薗部友良先生が登壇し、「ワクチンのお話」について、ご講演いただきました。薗部先生は日赤医療センターの小児科で長年にわたり、ワクチンの普及、啓発と定期接種化に尽くされてきた、小児のワクチンについて造詣の深い先生です。

 薗部先生は、VPDの会会長として、長年に渡り、さまざまな講演会で医療関係者、一般の子育て家庭の保護者の方を対象に、ワクチンについて平易に解説され、その大切さを訴えてきた、大変有名な小児科専門医です。品川区においても、2014年1月31日に荏原医師会館で行われた、品川区保健所主催の「BCGワクチン接種研修会」でも講師を務められ、品川区とも縁の深い先生です。

 薗部先生からワクチンのメリットとデメリット、副反応の話、それぞれ接種が行われているワクチンについて、いつもと同じように、わかりやすく、ていねいにお話ししていただきました。
 講演後、フロアの保護者の方から、ロタウイルス、HPVワクチンについて、質疑応答が行われました。

 薗部先生の講演の後、再び鈴の木スタッフによる、「幸せなら手を叩こう」の歌とダンスが行われました。

 第3席は、昨年好評だった、当クリニック鈴木博医師と鈴木晴奈看護師による、「薬の飲ませ方、水分の取らせ方」の実技講習を行いました。

 まず、鈴木医師から発熱、嘔吐、下痢についての簡単な基礎知識の説明があり、続いて、参加者に乳糖散剤、座薬(模擬)、スポイト、計量コップ、飲料水が配られました。

 鈴木看護師の指導で、実際にお母さま、お父さまに座薬挿入、散剤の服用、シロップ(水薬)の飲ませ方の体験をしていただきました。鈴の木スタッフも、それぞれ分かれてご両親の練習に加わり、お手伝いをしました。


 今年も多数のご参加、ありがとうございました。



母とこどもの講演会の報告はこちら