鈴の木こどもクリニック診療医師のご紹介

鈴の木こどもクリニックは、「小さな、子どものホスピタル」をめざしています。

 クリニック長 鈴木 博医師以外にも、粒選りの専門医や専門家が集まり、患者さんのいろいろな病気、お悩みに対し、それぞれの立場から最新かつ最良の治療ができる体制を作ります。当クリニック診療医師は全員、子どもの診療の経験豊かな小児科専門医です。

 鈴の木こどもクリニックは常に患者さんに寄り添い、ともに歩んでいくことを望んでいます。お子さま、お母さまへの支援を惜しみません。お子さまの病気、心配事のあるときは、いつでもご来院くださいませ。



木村明美医師 (小児科)=副院長。小児科一般外来を担当します。

 東洋英和女学院、埼玉医科大学医学部卒業。埼玉医科大学大学院修了。小児科専門医、医学博士。

 鈴の木こどもクリニックの月曜、金曜の午後診療を担当します。また、鈴木医師が休診の時の代診も担当します。鈴木医師とは大学病院の時代に一緒に診療を行っていた、師弟コンビです。

 2020年4月1日より、副院長に就任しました。よろしくお願いいたします。




岩崎幸代医師
(小児科)=一般診療のほか、食物アレルギー負荷試験、食物アレルギー管理、エピペン処方など、アレルギー専門診療を担当いたします。

 東京女子医科大学卒業。小児科専門医、アレルギー専門医。

 鈴の木こどもクリニック月曜午前に一般小児科外来とアレルギー専門外来を担当します。

 埼玉の病院でもアレルギー専門外来を行っており、当クリニックでも食物アレルギー負荷試験、エピペン処方を担当しています。
 また、アトピー性皮膚炎など、赤ちゃんの肌のトラブルのご相談にも応じています。





韮澤眞理医師(小児科)=小児科一般外来を担当します。

 
慶応大学医学部卒業。小児科専門医。

 鈴の木こどもクリニック金曜午前に、一般小児科外来を担当します。東京都済生会中央病院でも、非常勤で一般外来を行っています。

 東京都済生会中央病院小児科部長を長く勤められ、また済生会附属乳児院院長、港区大気汚染障害者認定委員などを歴任した、経験豊かなベテランの先生です。



診療案内へ戻る