鈴の木こどもクリニックの学会活動

当クリニックは1998年に開設して以降、鈴木博医師を始め鈴の木スタッフが協働して、診療とともに、臨床研究にも積極的に取り組み、学会発表も活発に行っています。ただ、日々の診療をこなすだけではなく、少しでもより良い医療を患者さんに提供できるよう、医師だけでなく、全クリニックスタッフは、日夜研鑽を重ねています。


Ⅰ 外来小児科学会

外来小児科学会口演示説発表

年次 学会 開催地 発表者 演題 備考
2009年8月 第19回日本外来小児科学会年次集会 埼玉県さいたま市 小笠原愛 小児科クリニックにおける常勤管理栄養士の乳幼児栄養相談 優秀演題賞(コメディカル部門)
2016年8月 第26回日本外来小児科学会年次集会 香川県高松市 鈴木博 小児科医は地方議員になろう

 
  第19回日本外来小児科学会年次集会    第26回日本外来小児科学会年次集会


Ⅱ 小児診療多職種研究会

小児診療多職種研究会口演発表

年次 学会研究会 開催地  発表者 演題
2014年6月 第3回小児診療多職種研究会 埼玉県さいたま市 樋口知佳 写真でみるオープンクリニック・ファーマシー・ホスピタル


 第3回小児診療多職種研究会


Ⅲ 
その他の研究会

研究会口演発表

年次 学会研究会 開催地  発表者 演題
2002年5月 第3回品川荏原小児科医会 東京都品川区 鈴木博 開業小児科医からみた病診連携の課題
2006年3月 第43回埼玉医科大学小児科症例検討会 埼玉県入間郡 鈴木博 外来小児科-その展開と展望


執筆論文

著者 論文タイトル 掲載誌
鈴木博 当小児科医会の行った「育児支援に関するアンケート」について 荏原医師会会報,122;38-40,2013.



クリニックの院外活動に戻る