鈴の木こどもクリニックの歩み

鈴の木こどもクリニックの沿革

1998年11月    東京都品川区戸越に、「鈴の木こどもクリニック」(小児科、内科、皮膚科)を開設

1999年7月     いち早く、予防接種専門外来を新設

2000年2月    マスコミのステロイド軟膏バッシングに対抗し、正統なアトピー性皮膚炎の標準的治療を患者さんに受けて頂くために、東邦大学大森医療センター皮膚科に依頼し、小児皮膚科専門外来を新設

2000年9月     院内処方から院外処方に変更

2000年9月     完全電話予約制に外来診療を移行

2001年6月    「小児科、皮膚科」に標榜科目を変更。内科の標榜を外し、小児科単科に診療を純化、専門化

2002年7月    「医療法人社団鈴の木こどもクリニック」として、個人立から医療法人に組織変更

2004年3月     新しいクリニックビル建設のため、大崎仮診療所へ診療所を一時移転

2005年1月    新しいクリニックビル「夢のこども館」が完成
            電子カルテシステムを導入
            品川区委託病児保育「キッズベル品川」を併設、開業

2005年4月     臨床心理士による子どもの心の健康外来を新設、発達障害児の支援を開始

2005年5月    「医療法人社団鈴の輪会」に医療法人名の名称を変更

2007年4月     診療時間帯を、午後診療時間を2:30PMから6:30PMに変更

2007年6月     非常勤医師を採用し、小児科外来診療を2診体制へ拡充

2008年11月    「開院10周年記念の集い」をユーポートで開催

2009年4月     「ヒブワクチン・小児用肺炎球」ワクチンの定期接種化を求める署名活動

2009年11月    電話予約からインターネットによるWEB診療予約を開始

2011年3月    病児保育「キッズベル品川」、品川区委託を3月で終了することに(鈴木院長が公職に就くことになったため)

2011年4月    鈴木博院長、品川区議会議員選挙に立候補、2632票獲得、16位当選(定数40人)

2013年2月    「希望するすべてのひとに予防接種を!」7ワクチン定期接種化署名活動

2013年3月      クリニックビルの改装工事行う


2013年9月      食物アレルギーの患者さんに食物負荷試験を開始

2014年4月      診療時間を午後診療時間を2:00PM~6:00PMに変更

2014年7月      東邦大学皮膚科医局員による小児皮膚科外来を終了。クリニックの標榜科目を「小児科・アレルギー科」へ変更

2014年8月      国立感染症研究所感染症疫学センター「感染症流行予測調査事業」へ協力

2015年4月     鈴木博院長、品川区議会議員選挙に立候補、2516票獲得、19位当選(定数40人)

2017年1月     患者さんにリアルタイムの情報を「鈴の木こどもクリニック・ツイッター」を開始

2019年4月     鈴木博院長、品川区議会議員選挙に立候補、2427票獲得、24位当選(定数40人)

当クリニックの活動の軌跡

鈴の木こどもクリニックは、「きれいでやさしい、母と子どものクリニック」を開業時の標語として掲げ、さまざまな小児診療-小児保健活動、院外活動を展開してきました。

当クリニックのスタッフ(鈴の木スタッフ) は診療・看護部門、受付事務部門、病児保育部門に分かれ、看護部門は正看護師と臨床検査技師、受付事務部門は常勤スタッフが栄養士や保育士などの資格を有しており、専門的知識を生かしながら、クリニック全体として、お母さまとお子さまのためにきめ細かい、質の高い対応を心がけています。

外来一般診療(小児科)においては、大学病院の一般外来レベルの治療が行えるよう、外来臨床検査(オフィスラボ)を積極的に行っています。
現在、当クリニックが使用している医療器機は、心電計、スパイロメータ、パルスオキシメータ、超音波診断装置です。

2005年1月には電子カルテシステムを導入しました。診療録はすべて日本語で記載し、診察テーブル中央のディスプレイ上に表示、お母さまにもご一緒に見ていただいて診察を進めています。

さらに、最新の小児医学の進歩に基づく投薬と処置によって、お子さまに質の高い小児外来診療を享受していただけるよう、スタッフは学会・研究会等にも積極的に参加し、常に診療レベルの向上をはかっています。

小児保健活動も精力的に行っています。開院以来行ってきた予防接種の接種総数も 、2020年12月の時点でのべ59,512人を超えました(インフルエンザワクチンも含む)。

乳児健診も年間300人以上、小児科専門医として発達をふまえた精密な健診を行い、さらに精査が必要なお子さまは、大学病院、都立病院等に積極的に紹介しています。 

また、一般診療とともに品川のお母さまとお子さまのために、鈴木医師を先頭に、鈴の木スタッフは、クリニック外でのさまざまな子育て支援活動に力を注いでいます。

①1999年より、「鈴の木こどもクリニック-母と子どもの講演会」を年1回の間隔で開催しています。
ささやかな講演会ですが、なごやかな雰囲気の中で参加されたお母さま、お父さまと楽しく勉強を続けています。(過去の講演会の報告はこちら

第14回講演会(2011年9月。
荏原保健センター)
第18回講演会(2015年9月。
荏原保健センター)
第19回講演会(2016年9月。
荏原保健センター)

②品川区主催の乳幼児親子対象イベントに講師として講演(2002年12月)、「のびのびダイアリー」製作に協力(2009年3月)、平成22年度パパママ応援プログラム(3歳コース)(2010年10月)、平成26年度親子のひろば、キャンディ出張健康学習(2016年6月)の講師を務めるなど、 区の子育て支援事業にも積極的に協力してきました。

現在は区議会議員として、さらに強力に医療・子育て施策について、行政に提言・要望を行っています。

③2005年1月に、品川区委託事業として、病児保育「キッズベル品川」を開設しました。2005年開設以来、2011年5月終了時までに約3200人の病気のお子さまをお預かりしました。(委託事業は終了しましたが、かかりつけの患者さんのために、独自事業として病児保育は継続しています。)

当クリニックの要望の結果、2019年4月には、品川区の病児保育所は4カ所に倍増しました。特に、中延に開設された病児保育室「こころキッズケア」では顧問として、その事業展開に係わっています。

 

④2007年6月より、品川区の事業「男女共同参画社会をめざす第3次行動計画品川プラン」の第12期、第13期行動計画推進会議学識経験者委員に選任されました(2011年3月で退任)。

⑤2009年4月より、ヒブワクチンの定期接種、小児用肺炎球菌ワクチンの早期承認を求める「細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会」が行っている「細菌性髄膜炎関連ワクチンの定期接種化を求める署名運動」に参加し、約3ヶ月で1028名の方からご署名をいただきました。

 
 2009年、ヒブ、肺炎球菌署名 2013年、定期接種化署名


⑥「おはよう赤ちゃん」(学研=現在休刊)、「ベビーエイジ」(婦人生活社=現在廃刊)、「赤ちゃんのためにすぐ使う本」(リクルート社)などの育児雑誌の記事を指導・アドバイスし、全国のお母さまに赤ちゃんと育児に関するメッセージを発信してきました。
2003年1月より2004年3月まで、「こどもちゃれんじ・ぷち」(ベネッセコーポレーション)付録育児情報誌「みんなおおきくなぁれ!」 で医療ページ「ぷち診察室」を担当しました。

特に、「こどもちゃれんじ・じゃんぷ」の「かんがえてはっけんえほん」「こどもちゃれんじ・すてっぷ」の「ふしぎはっけんえほん」の医学監修は現在も続けています。

また、2004年11月からは「おはよう赤ちゃん」(学研)の連載企画「月齢別・赤ちゃんの成長追っかけルポ」でドクターアドバイスを担当しました(2008年3月に雑誌休刊のため、連載終了)。

⑦2004年9月から、育児支援インターネットサイト「すくすく.com」 (NHKエデュケーショナル)で、医療ページ「ベビー&キッズ健康いちばん」を監修しました(2005年3月で連載終了)。 

2007年4月から、育児支援インターネットサイト「Pigeon info」(ピジョン株式会社)内のピジョン・インフォ・ブログで、「鈴の木こどもブログ」を始めました(2011年3月で連載終了 )。

2009年6月から、文教大学学園広報誌「きゃんばすα」に「子どもクリニック」の連載を始めました(2011年3月で連載終了 )。

⑨2010年4月から「すこやかファミリー」(法研)に「解決!子育てピンチ体験」の連載を始めました(2011年3月で連載終了 )。

⑩2004年5月に「赤ちゃんの病気・ケガ&トラブル救急箱」(クリニック長監修。学研)、2006年5月には、「初めての育児百科」(クリニック長共同監修。池田書店)を上梓しました。

赤ちゃんの病気・ケガ・トラブル救急箱(学研) 大崎駅前の書店の店頭にて 初めての育児百科(池田書店)

また、2007年2月には「ほーら、泣きやんだ!CDブック-赤ちゃんが泣きやむハッピーテク」(鈴木院長監修。学研)、2007年7月には「赤ちゃんの心と脳の発育・発達BOOK」(鈴木院長総監修。学研)を監修しました。

ほーら、泣きやんだ!(学研) 赤ちゃんの心と脳の発達(学研)

⑪2010年6月に、「赤ちゃんのためのクラシック」、「赤ちゃんのための童謡」、「赤ちゃんのためのオルゴール」(日本クラウン)を監修しました。

鈴の木こどもクリニック 鈴木博院長は第一線の小児科医療機関、小児科医として、開設以来20年間、さまざまな小児医療と子育てに関わる問題について、社会に対して一貫して積極的な問題提起、発言を続けています。



クリニックの院外活動に戻る